日本の伝統的な衣装である着物や浴衣という和服

イベント

isyou

和服とは、一般的には着物などのことを指しています。明治時代に広まった洋服と区別するために、日本の伝統的な衣装を和服と呼ぶようになりました。

和服は、お祭り、成人式、結婚式、お参りなどといった行事ごとの際に着られることが多いです。普段着には動きやすい洋服を着るので、何かのイベントがある際に和服を着ることになります。
洋服は1人で簡単に着られますが、着物浴衣などは着付けを勉強しないと着ることができません。そのため、美容院で着付けをしてもらったり、着付け教室に行って着物の着方を学んだりするのです。

着用した後の和服は、一度ハンガーにかけて陰干しをします。これを行わずに収納してしまうと、カビや黄ばみの原因になることがあります。翌年も着るためには、正しくお手入れをしてきちんと収納しておく必要があります。

おはしょり

和服には様々な種類があり、半纏(はんてん)や丹前(たんぜん)などもその一種です。半纏や丹前は防寒着として用いられるものです。

また、着物には男性が着るものと、女性が着るものによって違いがあります。女性用にはおはしょりがありますが、男性用にはそれがありません。つまり、着丈よりも長く作られているのが女性用で、着丈そのままの長さで作られているのが男性用ということです。また、女性用には脇の切れ目がありますが、男性用にはそれがありません。したがって、誰が着るものかによって、デザインが微妙に違っているのです。

仕立て直し

kimono

洋服のメリットは、動きやすいところにあります。しかし、サイズが変わったら買い換えないといけないという特徴もあります。
これに対し、和服はある程度布に余裕がありますので、体型が変わってもすぐに買い換える必要はありません。また、ボディラインも目立ちにくいことから、長く着られるものとして結婚式のために購入する人もいます。
体型が変わってもある程度対応できることと、仕立て直しによる調整も可能なことから、長く着られる衣類だと言えるのです。

着た後のお手入れは自分ですることもできますが、クリーニングに出すこともできるので翌年も着ることが可能です。デザインに流行りすたりが少ないのも洋服には見られにくい特徴の一つです。


NEWS

2013/10/15
湯上がりを更新
2014/04/11
振り袖を更新
2013/10/15
民俗衣装を更新